面倒な女にならない

面倒な女にならない

男性も人間です面倒な女性には嫌気がさしてしまいます。
ここでは面倒にならない女性について考えて見ましょう。

 

恋愛はアナタと相手の2人でするものです。

 

男性と知り合って間もない間柄から「面倒くさそう」など、相手を引くような行動には注意しましょう。
お互いが分からないうちは、相手を知るためにいろいろ注意深く観察することが大切です。
では男性はどのような行動をすると親密な関係にならないようなセーブをか掛けてしまうのか考えてみましょう。

 

生真面目過ぎる性格

男性は星の数ほどいます。ということは、恋愛の仕方も星の数ほど法方があります。
当然のことですが、男性が違えば考え方も色々です。
昔の彼氏の時に上手く行った法方が同じように次の彼氏も喜ぶとは限りません。
それと、同じで恋愛も同じ展開が必ずしも成功するとは限らないのです。
その法則に気づいてはいてもステップアップやルールに拘っている女性は多いはずです。
生真面目なのはいいことです。
しかし、「キスは10回デートしてから」などと、回数や頻度を決めることはあなたの首を絞めてしめてしまいます。
決めごとに従ったルールは恋が叶う方程式ではないのです。
あなた自身の感性や価値観を大事にしてください。
ありのままのあなたを好きなってくれた彼の方が最終的に価値観のある彼となります。

 

女性の面倒な部分が露呈するのは、恋人になってからのほうが顕著です。
彼にうんざりされてしまうのは、どんなことでしょう?

 

文句ばかり言うのに代替案がない

男性が「今日はステーキでもたべようか?」
なんて食事誘うと、あなたは「それは、、、、、」なんて答えていませんか?
彼はきっと文句言うなら、君が提案してよ。
などとおもっていることいでしょ。
「面倒だな」と思われる一言ですので注意しましょう。

 

束縛し過ぎ

恋人でも、会っていない時間には、趣味に費やしたり仕事についやしたり別の生活があります。
仕事が多忙だったりどうしても急速にやらなければいけない案件があるかもしれません。
あなたの事が嫌いなわけではありませんがメールの返事が遅くなってしまうかもしれません。。
「どうしてメールくれないの?」あなたはそうおもうかもしれません。
けれども、男性は必ずしもすぐにメールを返せない環境にあることを理解してあげましょう。
あなたは「不安だ」と思うかもしれません。
けれども、彼を束縛するのは、最良な手ではないのです。
面倒な女というレッテルを貼られないように注意しましょう。

 

詮索好き

あなたは彼に尋ねるとき警察の尋問のようになっていませんか?
仲良くない間にプライベートなことや、根掘り葉掘り聞くことは、相手を引かせる原因となります。
朝の出社する時間。家族構成、職業。
知りたくても少しずつつ仲良くなってからにしましょう。
言葉はキャッチボールです。同じくらいの興味と自己開示をして打ち解けましょう。

 

理屈じゃない感情こそが恋愛

「私のどこが好き?」あなたもその言葉彼にいっていますか?
しかし実際、こういうところとハッキリしている人がどのくらいいるのでしょう。
その答えは男性からしたら困質問の1つです。
目に見えない、言葉で表せないあなたの魅力もあり、全てをひっくるめてあなたが好きなのです。

 

私と仕事、どっちが大事?

 

私なんて必要ないんでしょ

 

この言葉、男性からしたらこまります。
否定したところで、納得しないのだから。

 

「必要だよ」と言っても彼女は満足しないでしょう。

 

理論をいえる事が全てでありません。
あなたも余裕と器量を持つことにより、彼をひきつけることができるのです。